HTML5とは

今回は『HTML5』( 読みは「エイチティーエムエルファイブ」)を記述してみましょう。